FC2ブログ

DDONには出会わない出会いがある

ネットゲーム醍醐味と言えば、他のプレイヤ―との交流だと思う。


強敵に一緒に挑戦したり、情報交換したり、クランの様な組織を作ったり、時には些細なことでケンカしたり…。



しかし、ドラゴンズドグマオンラインには、プレイヤーと出会わない出会いがあるのです。

ss2



それがドラゴンズドグマを象徴するポーンです。



各々のプレイヤーが作成したポーンは、リムというものを通じて貸し借りが出来、冒険に連れて行けます。



そのプレイヤーを直接知らなくても、「この人のソーサラーポーンは強いな~」とか「この人のポーンでクラフトすると大成功しやすい!」とか、いつの間にかポーンを通じて「この人」が記憶に残るな現象。





僕にも記憶っている人(ポーン)がいます。



ver.1の頃、シーカーになりたくて仕方なかった僕は、試練ゴーレムに全然勝てず挫折しかけてました。
今は最初からシーカーになれていいなー




そんな時シャウトで「シールドセージがいれば、タゲも持ってくれるし、エンチャントでコア削りも早くなるぞ」という情報が流れ、シールドセージポーンを雇おう!という事に。



検索して一番レベルが高かったポーンを雇い入れ、ゴーレム再戦し見事撃破、憧れのシーカーへの道が開けました。


その後、お気に入りに入れた彼とは、しばらく冒険を共にしました。











でも、彼はそれから一か月も経つとレベルが上がらなくなり、僕の冒険に連れて行く事はなくなりました。



DDONをめてしまったのかもしれません。



もし彼が居なかったら、僕もシーカーになれずDDONをめていたかもしれません。



彼のマスターに、ありがとうと言いたい。だから、いつまでも彼は僕のお気に入りにいます。



僕も誰かの役に立てるように、ポーンシールドセージにしました。




彼のマスターが帰ってきたら、ポーンを雇って下さい。きっとたぶん役に立ちますから!











p2




まさかなぁ、あんなポーンに助けられるとはなぁ…。



彼をお気に入りに残してるのも、ポーンをセージにしてるのも本当ですよ。



ありがとうを言われるポーンになるために、毎日頑張ってますよ、アレを。


ss4



修練を!



DDONメモ <シールドセージ>

大きな盾を持つタンク職。ヘイト管理・エンチャント・状態異常管理とやることが多い大変なジョブ。
最近なんか攻撃も熱い。タンクってなんだろう?アタッカーってなんだろう?
関連記事

コメント

非公開コメント

saya

Saya Drakeです。
シーカーメインで遊んでます。
楽しむことがモットーです。

Twitter

ドグマも良いけどFFも良い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: