FC2ブログ

ドラゴンズドグマオンラインは失敗なのか?

ss2103


MHF-Zのサービス終了告知からまもなく1週間、次はDDONでは…と囁かれ心中穏やかでない覚者も多いでしょう。

僕もその一人、休止期間もあったとはいえ4年近くDDONを楽しんできて、ダメなのかと少なからず思う部分もあるけれど、出来るならまだまだ続いて欲しいと願っています。

運営陣からの言葉がない今、ユーザーは待つしかありません。あふれ出てくる憶測の言葉に振り回されるべきでもありません。

現在発売中のトレジャーズロットの販売期間終了である7月4日か、あるいはその1週間前の6月27日になんらかの発表があるのでは、というのが大多数の予想です。

とはいえ、それまでじっと待つのもなんですし、せっかくブログを書いているのだからDDONについて語ってやろうじゃあないか、というのが今回の記事です。

■DDONの魅力

DDONはハイファンタジーアクションRPGだ。

舞台となる世界は、ロードオブザリングのごとく古典的な、剣と魔法のファンタジー世界である。

良く言えばビンテージ、悪く言えば古臭い世界だ。

ss2096
ファンタジー色の強いフィンダムの景色


本格派ファンタジーRPGと謳ったオンラインタイトルで、ネタ切れからSFやスチームパンクに頼る、なんて話は良くある。

ハイファンタジーの世界をゲーム内で表現しようとするとき、そのパターンはかなり絞られることになるからだ。

当然画面映えもしない風景が続くし、そんな枠に囚われるぐらいならハイファンタジーの縛りを解こうと考えるのが普通だろう。

けれどDDONはそれを貫いている。

それを貫かなければドラゴンズドグマではないし、それこそがドラゴンズドグマなのだ。

だからいつまで経っても泥臭さがぬぐえないし、その泥臭さが古着の様な愛着になってしまっているのだ。

ss2099
アッカーシェランを象徴する火垂れ山


もうひとつ、言うまでもないがカプコンのアクションがその世界をさらに彩り豊かにしている。

『派手なエフェクト・簡単操作で爽快コンボ!』そんな安易な宣伝文句をカプコンは謳わない。

必要以上の視覚効果、ジャンプ、ワープ、人間離れした動きを認めない。

身の丈以上の大剣を秒間10連撃なんていう事も絶対しない。

ハイファンタジー世界に落とし込む、絶妙なリアル感あるアクションを盛り込んである。

ss2091
ロープアクションで空中を舞うシーカー

ss2092
避けるタンクを体現してみせたアルケミスト

動かしていて気持ちいいとはまさにこれだ、舞台と動きの相乗効果だ。


そして、仲間であり相棒であるポーン達。

ss2093
頼れるポーンたち

彼らの存在もドラゴンズドグマには欠かせない要素だ。

AIのはずの彼らが時々妙に人間くさい、そう覚者の誰もが一度は感じてしまう。

ポーンがいるお陰で、ソロプレイ時にも快適に冒険が出来る。

前作同様他の覚者のポーンをレンタルする事も可能、ゆるい繋がりも健在だ。アイテムを送りたい気もするけれど…。


上記3点だけでも、ドラゴンズドグマオンラインは世に出た意味がある。

他に同じようなものがあるか?出来るか?と言われ「出来る」と胸を張り断言出来るメーカーはいるだろうか。

または「やる意味がない」と答えるものもいるだろう。

サイクロプスは”ダサい”し、グリフィンにマルチでしがみ付くような”面倒な事をする必要がない”と言われたりもするだろう。

ss2100
誰もが最初に戦う大型敵サイクロプス

ss2101
ドラゴンズドグマと言えば大型敵へのしがみ付き

実際それは大多数のユーザーのニーズに対しては正しいのかもしれない、現在”売れている”ものはそういう傾向にあるのは事実なのだ。

だが古典は永遠に愛されるものだ。語り継ぐ人間がいるものだ。

さて、では好事家からお金を出させる事にDDONは成功したのだろうか?


■DDONの課金

DDONは基本無料でサービス提供されているゲームだ。オンラインもPS+に入る必要もない。

課金要素を大まかに言えば、①利便性アップ ②時間短縮系 ③コアユーザー向け ④アバター要素 概ねこの4つに分類される。

①は主に冒険パスポートだ。
冒険する上で入っておくと便利な、いわば月額に近いものだ。なくてもなんとかなるが、大体の覚者は購入している事だろう。
おそらく、当初はユーザーの大半がこれに課金するものだと踏んでいたのだと思う、しかしアップデートが続くにつれ、ダンジョンで装備作成→エンドコンテンツ攻略のパターンが毎回同じ事が露見し必ずしも冒険パスポートが必要ではない事が知れ渡ってしまった。
シーズン開始後、装備を作りエンドコンテンツ開始まで休止するというユーザーも多い。
冒険パスポートの価値は著しく低下した。
付け焼刃の様に追加された「冒パスポイント」だが、スズメの涙ほどの報酬で何の意味があるのか疑問だ。
冒険パスポートの付加価値、これの見直しをしないのは何故なのか。

②は経験値倍加、アイテム取得倍加などの時間短縮系だ。
短期間で稼ぎたい、ゲーム時間の少ない社会人や、その逆に常に倍加で稼ぎたいようなコアユーザー向けの課金要素だ。
値段も手ごろで、要所要所で課金する者も多いかと思われる。

③はエンドコンテンツにいち早く参加するためのアイテム(ガチャ)や、ジョブエンブレム強化など、攻略組のための課金要素だ。
コアユーザーは攻略に関しては金を惜しまないのがオンラインゲームの常識だろう。

④これは性能もなくあくまで着飾りだけを楽しむ③とは逆にライトユーザー向けの課金要素のはずだった。
はずだったと書いたのは、これが一番やり方間違っているのではないかと個人的に思うからだ。

現在販売している2つのトレジャーズロットを見比べて欲しい。

ss2104
https://members.dd-on.jp/info/detail/0/2701

ss2105
https://members.dd-on.jp/info/detail/0/2693

「廻天の流民」は③だ、「魅惑の水着2019」は④である。

双方が、抽選個数121個、110個と同じぐらいの天井設定なのだ。

これはいただけない。

③は良い、コアユーザーは納得いくまで回すだろう、だが④は性能もなく着飾りを楽しみたいユーザー層まで同じように考えている。

このトレジャーズロットを見て、ライトユーザーはどう考えるだろうか、軽い気持ちで着飾りも楽しめないのかと感じないだろうか。


■DDONは失敗なのか?

DDONの魅力と課金要素の問題点を僕なりに書いてみた。

何度も言うけれど、素材は唯一無二の素晴らしいものなのだ。

あとは料理人の腕と、経営者次第なのだ。

今後DDONが続こうとも終ろうとも、最後まで僕はこの魅力的なゲームを楽しみたいと思っているし、事あるごとに語ってやりたいとも思っている。

最後に僕の愛読するジョジョの奇妙な冒険第7部からの引用でこの記事を締めるとしよう。

『真の失敗とはッ!
開拓の心を忘れ! 困難に挑戦する事に、無縁のところにいる者たちのことをいうのだッ!』




関連記事

コメント

匿名

DDON
DDONの賞味期限が切れるん近いんじゃね
知らんけど
自分もやってたけどもうそろそろヤバい感じがしてかなわんで
シーズン4の情報もない限りはね

終わっても対して課金して無けりゃダメージ無いわな ffなんかよりは面白いと思ったけど ストーリークエのムービーは古臭いjrpgだなあと思う

名無しの覚者さん

以前は結構本気でやっていたけれど、だんだん辛くなってきて今はログボと白竜祭納品しかやってない。
ガチャ何回してもゴミばっかだし、移動や
ボードクエの(~を三匹倒す<二匹しか配置されてない>とか<夜しか出ない>)等ストレスが溜まりに溜まるし、ついていけなくなっていい加減嫌になった
でもそこそこ課金したので…辞めるタイミングがなかなか無い。
1番楽しいのは、数ヶ月に一度ネカフェに行き、アイテムの整理をする事かな。

DDONライトユーザー

覚者の部屋に食事会
テコ入れの時期ですかね。まだストーリーに期待してるし。
まず
食卓をポーンの手料理でアレの真似してほしい。
クエストに疲れたら部屋に戻って「いつものやつ」って頼んで食べるシーン。すでに遊び心からですけど。レスタニアレストランとか。戦場食堂とか。
ホントにDDON気軽に遊びたい。水着も着たい。エンドクエストしたいけどLVの壁でてっぺんまでたどり着ける自信がない。課金するのはおしい。でもネトゲだから仕方ない。オフラインでもやりたい。
ピンのダークアリズンが懐かしい。
宝の入手ルールがムズい。じゃあ課金するしかない...。
ライトユーザーの本音ですみません。

名無しの覚者さん

自分が考えているのはサービスを続けたとしてPS5発売後にddonはどうなるのか?
そもそもPS5に対応可能なのか?ってとこなんですよね。
この時期に見直しって事はもしかするとPS5対応してまでサービスを続けるかというとこなのかもしれませんし。
MHF-Zも終了し新ハードも出るこのタイミングで一度オンラインゲーム部門を整理する気やもしれませんね。

おじさん覚者

かゆいところに手が届かない。
「分かりました」とたまに持ってくるまごの手は、ゴムで出来ている。
違う、そうじゃない。

本当に、何度も移住を考えたけど、やはりDDONの『魅力的な部分』に匹敵するゲームはない。
素材はいいのに……とは、様々なところで、何度も聞いて来た評価。
アクション性や世界観に惹かれ、周りが止めて行っても、自分は続けて来た。
けれど、少なからず労力を費やして作った装備があっという間にゴミになる、という賽の河原で石を積むような作業にくたびれ、いつしか最低限の事しか行わなくなってしまった。

例えば、建築や鍛冶、農業などが実装されたら、『アクションは下手だけど好き』といった、最前線に立てないようなユーザーも楽しめたりと、裾野が広がるかも知れない。
それは、今の環境ではかなわなくとも、表現は悪いが、もはや老体もいいとこであるPS3を切り捨てたりしたら、出来る事なのだろうか。

だとしたら自分は、DDONが終了しても、次世代での新しいDDONの登場を期待したい。
そしてその時はもちろん、現DDONでの課題をクリアして頂きたい。

名無しの覚者さん

③も全然だめかと思います。
意図通りコア層がジャブジャブやってくれているようだけど、そのコア層だって苦労して手に入れた黒呪装具の果ての破壊神レンテンガチャ勝負に納得いく人は誰もいないと思います。
それどころかピアスの出現で金でしか手に入らない強さとなってしまいました。
腕輪だけならまだバランスがよかったと思うんですけどね

基本無料の帳尻合わせをこういうのをするくらいなら、いっそのこと月額制にしてほしかったなあ・・・

匿名

 うーん・・・DD特有のリアル系のアクションとネトゲに置いてほぼ必須の周回要素がいい感じにマッチしなかった・・・のかな?。
 少し前までやってたけどBO、HO集めに武器作るのに必要な素材が300個・・・しかもそれが通過点なのが結構キツいのよね、次の武器を作る為には装備的に『格上』の所を『周回』しなくちゃいけないし、多分ライトユーザーはついて来れなかったんじゃないかな

名無しの覚者さん

俺は最後の黄金石をサービス終了をまたぐ様にして冒パスやサポートとか付けるんだ
この世界に転生してしまった時に便利だからね!w
非公開コメント

saya

Saya Drakeです。
シーカーメインで遊んでます。
楽しむことがモットーです。

Twitter

Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ドグマも良いけどFFも良い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: