FC2ブログ

ドラゴンズドグマよ永遠なれ

ss11211

DDONサービス終了まであと2週間。

ただただ悲しい、もっとあの世界で、新しい舞台で冒険したかった。

本当にそう思う。


オフゲーならば遊びたいと思った時にディスクを取り出して遊ぶ事が出来るけど、オンラインゲームのサービス終了は文字通り『無』だ。

遊びたいと思ってもレスタニアはもうないし、ポーンもいない(異界でよろしくやってて欲しい)


なぜそれほどまでにDDONを、ドラゴンズドグマを特別に好きになったのかと言えば

以前の記事でも触れたように、それが僕の好みにドンピシャだった、それが全てなのだと思う。


子供の頃から大好きだったファンタジー小説や漫画や映画、それらのいいとこ取りのようなゲームが出た、面白くないはずがない。

『こういうのでいいんだよこういうので』なんていうネットミームがあるが、僕がドラゴンズドグマに抱いたのはまさにそれだったのだ。


想像していたサイクロプスが、想像通りの姿で僕の前に立ちふさがる。

弱点は当然あの大きなひとつ目だ。

僕は弓を引き絞り狙いを定める、放たれた矢は風を切り隼のような速さで真っ直ぐに巨人の頭に…!


冒険者としてそんな死線を何度も潜り抜け、僕の名声が田舎の雑貨屋の娘にすら届く頃、国家や傭兵団あるいは友好的な亜人などから表には出せないような仕事が舞い込んでくる。

そして世界の命運を左右する様な闘いに巻き込まれていく────


概ねそんな感じの王道ストーリーを体験したいという願いが実現したのがドラゴンズドグマだったという訳である。


子供の頃憧れていた願いが「いや~さがしましたよ」と実現したのは数十年経った大人の頃である。

また僕は待ちたいと思う。

大好きなドラゴンズドグマの続編を。

オンラインゲーム終了の『無』は、次に繋がる物語を抱いて眠る『夢』だ。

また僕たちを胸高鳴る冒険の舞台へ連れて行ってくれる箱舟だ。

その箱舟が完成するまで僕は待つ。


ドット絵だった世界は瞬く間に写実的な3Dグラッフィクになった、今度はどんな世界を見せてくれるのか楽しみにしよう。

数年先か十年先か、あるいは僕が新米冒険者を導く往年の騎士のようになった頃かはわからない。


それでも僕たち覚者は願いがいつか必ず叶うことをDDONを通じて知ったはずだ。


人々が300年願い続け、ついに見た光景を。

レスタニアの大空を舞う白竜の姿を。

ss11212
関連記事

コメント

ミソ

楽しかった
ミソです。お疲れ様です。

DDONが終わる。もう、直ぐですね。

とてもとても、残念です。

でも、とてもとても、楽しかったです。

こつこつ修練して、こつこつ素材集めて、こつこつレベルアップして、
こつこつオーブ集めて、こつこつクランクエして、
こつこつGM、EXM、WMして、こつこつ黒呪して、
こつこつPP稼ぎして、こつこつクラフトして、こつこつ日課して・・・、

こつこつが、楽しかった。

こつこつを、夢中で楽しみました。

そして、ポーンと、クラメンと、フレさんと、パーティ組んで、こつこつ周回するのが楽しかった。

それも、もう終わりです。

でも、やりつくしましたよ。燃え尽きました。

アチーブとか、PPカンストとか、まだまだ、やり残しはあるけど、満足です。

終わるのは寂しいけど、DDONを、ここまで遊んで、ほんと良かったです。

DDONからは、楽しさを、一杯、もらいました。

DDONにハマリ、色々なDDONのブログを見ました。

沢山の刺激を受けました。

DDONの楽しさが伝わりました。

DDONをこんなに楽しんでいる人がいる。

ブログを見て、ますますDDONが好きになりました。

ありがと、DDONに会えて、そして、サヤさんに会えて良かった。

大好きなDDONを、最後まで、楽しみましょうね。ね、サヤさん。

ノシ

さや

ミソさん、こんにちは。

僕もこつこつが楽しかったです。

BOHO修練PP黒呪などなど、めんどくさい周回のはずだけどDDONのアクションやポーン、フレンドさん達のお陰でホントに楽しくこつこつ出来ました。

終わりがあれば始まりもあります、DDONの良かったとこ悪かったとこじっくり考えて、みんなで楽しめるゲームを作って欲しいと思います。

ミソさん、コメントいっぱい残してくれて嬉しかったですよ。

これからも、また遊んで下さい (´∀`)ノ

非公開コメント

saya

Saya Drakeです。
シーカーメインで遊んでます。
楽しむことがモットーです。

Twitter

Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ドグマも良いけどFFも良い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: